日記

【ストV/スト5】ストリートファイター5:ウルトラシルバーリーグで勝つために必要なこと

 

強さ/特徴

ここの人たちはゴールド帯の人たちと遜色が無いです。

 

起き攻め精度も高く、今までなら起き上がり時に暴れ(3F攻撃)で強引にこちらのターンに持って行けていたのがここのランク帯から厳しくなってきます。

 

又、この辺りから相手キャラの弱点、確反、技の種類や内容、キャラによっての戦い方など知っている人たちが多くなります。

そこが今までのランクとは違う大きなポイントだと思います。

 

例えば豪鬼なら「斬空波動(ジャンプ中に出す波動拳)は下をくぐってフルコンボ確定」と言ったような知識を持った人たちと戦う確率が非常に高くなってきます。

 

私がゴールドに到達するまでに一番長く滞在したランクだったように思います。

その時私はキャラの事とか何も知らず勢いだけで来ていたので。

( ・ิω・ิ)。

 

 

アビゲイルのアーマー(攻撃してもひるまずにそのまま攻撃してくる)に何度

 

「攻撃しても無理やん!なんなんこいつ!ウザ!!(◎_◎)」

 

てなったことか(;^ω^)

 

 

要するに

 

「比較的安定したテクニックの上にそれぞれのキャラに対する知識を少し得た人たちが集う層」

 

と思って頂ければ良いと思います。

 

勝つために必要な事

 

①それぞれのキャラについてある程度学ぶ

まぁここまで来ている方はある程度の知識はなんとなくついてきているとは思いますが、重要なポイントは

  • 同じ技に何度もやられない
  • 確反を逃さない

でしょうか。

 

キャラによって強い技、特に奇襲技に見てから反応するのは中々簡単なものではありません。

なのでそれを食らいそうな間合いに長く居ないようにする、などの対策を練る必要があります。

 

大体の奇襲技や突っ込み系は垂直ジャンプしてれば勝手に相手が入り込んでくるのでそこからコンボに繋げることができたりしますけどね。

 

何にしても知らなければどう対策していいかわからずボコボコにされてしまいます。

 

特にアーマー持ちのキャラ、アビゲイルやザンギエフなどはそのアーマー時に攻撃をしてしまうと見事に攻撃を食らってしまいます。

 

ザンギエフのスクリューパイルドライバーはダメージ大きいので食らいたくないですよね。

 

また、コーリンなどは当身判定の技(コーリンの攻撃中にこちらも攻撃をすると当身判定となり、逆に攻撃を受けてダウンさせられる技)をバンバン振ってくるプレイヤーもいるので、Vスキルが当身判定技だと知らなければ一方的にやられること必至です。

 

私の場合はyoutubeなどを見てちょこっとだけ知識を蓄えました。

なぜ「ちょこっとだけ知識を蓄えた」という表現をしたかと言うと、そこまでバチバチに知識を詰め込まなくても戦っていけるランクだからです。

ただ、何も知らないとなるとこのランクより上のレベルで勝ち上がっていくのはかなり厳しいと思います。

 

なのでせめて、何度も同じ技にやられないように対策だけはしっかり準備しておきましょう。

 

又、コーリンのような当身判定のあるといった強い技に関しては確反があったりするのでしっかりと反撃しましょう。

 

②EXゲージ、Vトリガーゲージ、スタン値の確認をする

もう既にEX技やVトリガーを使用した対戦をしていると思いますが、やはりここ一番でダメージの大きいコンボを入れるといったような、適所適所で最善のコンボ選択をしていかなければなりません。

 

例えば

  • 相手の体力が1/3~1/4程度
  • 相手方が画面端
  • 自身はEXゲージ2つ溜まっている

という状況下であれば、いつもならEXゲージ1つしか使わないところを2つEXゲージを使ったコンボに変えて倒し切る、といったような具合です。

 

又、スタン値確認と言うのも今後非常に重要な要素になってきます。

 

相手スタン値がもうすぐ溜まりそうなのに、EXゲージが3つ溜まっているからといってCAを食らわせるのはかなり勿体無いです。

 

何故なら後一撃入れるだけで相手はピヨピヨ状態になり、次にフルコンボを入れられる+ゲージもMAXの状態を保てるからです。

 

なのでスタン値が溜まりそうなのであれば、一撃を入れてピヨらせてからフルコンボ⇒CA、というのが正しいコンボ選択となります。

 

逆に、自分のスタン値が溜まりそうなのであれば距離を空けてゲージが下がるのを待ちましょう。

スタン値確認ができている相手なら果敢に攻めてくると思いますが、とにかくスタン値が下がるまで攻撃を食らわないように立ち回りしましょう。

 

対戦真っ只中にそこまで確認できるようになるにはかなりの慣れが必要かと思いますが、正直ゴールドまでにはゲージ確認のクセは付けておきたいものです。

 

③ちょっとした小技テクニック(当て投げ/ジャンプ攻撃落とし後の裏回り/遅らせグラップ)を身に付ける

そろそろちょっとしたテクニックも身に付けて行かないとしんどくなってくる段階です。

細かいテクニックは色々あるかと思いますが、

  • 当て投げ
  • ジャンプ落とし後の前ステ
  • 遅らせグラップ

は身に付けておいた方が良いと思います。

 

当て投げ

当て投げとは、小Pや小Kを当ててから投げるテクニックの事を言います。

これをすることで、相手が投げ抜け(グラップ)しようとしたときには打撃が当たり、その後に投げる事ができるようになります。

因みに私はほぼ毎試合当て投げしてます。

 

ジャンプ落とし後の前ステ

これは出来るキャラ出来ないキャラありますが、ジャンプ攻撃に対して小パンなどで落とした直後、前ステ入れる事で相手の裏側に回ることが出来ます。

ジャンプ落とし後の裏回り、半数以上のキャラが出来るかと思いますので、出来るキャラを使用しているのであれば是非練習してみてください。

リュウやケンもできます。

 

遅らせグラップ

これは非常に強力なテクニックの一つです。

 

端的に説明すると、起き攻めの際、「打撃」と「投げ」を同時に防ぐことが出来る防御方法です。

 

やり方としては

「ほんの少しタイミングをずらして投げを入力する」です。

 

よく起き攻めで投げと打撃の二択を迫れますが、打撃をガードした直後(ほぼ同時)ぐらいに投げを入力する感覚でしょうか。

すると打撃が来た際はガードでき、投げが来た場合は抜ける事が出来ます。

 

まぁゴールド以上になってくるとその遅らせグラップ対策とかもあるのですが、覚えておいて損は無いとても有効なテクニックですので是非練習してみてください。

 

ウルトラシルバーで勝つために必要な事まとめ

 

①それぞれのキャラについてある程度学ぶ

②EXゲージ、Vトリガーゲージ、スタン値の確認をする

③ちょっとした小技テクニックを身に付ける