日記

ヒットボックスでガード状態からの波動拳をスムーズに出す方法

ヒットボックスならではの問題の一つに

 

「ガード状態からの波動拳が上手く出てくれない」

 

と言った事が挙げられると思います。

 

これはヒットボックスを使用するうえで確実にぶち当たる問題です。

 

1P側でのガード状態、すなわち「←」または「←↙」を入力している状態。

そこから波動拳を撃とうとすると下入力が入らず「↙↘→」になってしまい波動拳が出ない、という事が多々あります。

 

薬指(←)を離し切れていない状態で人差し指(→)を押してしまっているのが原因なのですが、「じゃぁ薬指を確実に早く離しましょう」と言われて簡単にできるものでもないと思います。

私はできませんでした( ・ิω・ิ)グヌヌ

 

特に私はリュウなどの弾扱い系のキャラ使いではなくかりん使い。

かりんは弾抜けの技を持っているのですが、コマンドは波動拳コマンドと一緒なんですね。

 

そこに弾抜けというスピードが求められる入力。

ミスをすると弾を食らってしまうことになります。

 

そこで私が実際に入力している方法は「全押し」です。

 

ヒットボックスでは、左右同時押しで左右の入力が無効になるよう作られています。

「全押し」することで左右の入力が無くなり、下方向だけの入力が残るんですね。

 

そこから指を順に離していくことでコマンド入力を完成させています。

 

これもまた「はい、そうですか」と言ってすんなりできる事でも無いと思うのですが、私の感覚的には全押しスタイルの方がミスが少ないように思います。

 

理由は2つ。

  1. 指の動きがシンプル
  2. リズムで覚えやすい

が挙げられるかと思います。

 

指の動きがシンプル

 

しゃがみガード状態から波動拳を普通に出そうと思ったら

「中指だけ残して薬指を離し、人差し指を入力、その後中指を離す」

となるのですが、複雑でイメージしにくいです。

 

その点、全押しスタイルだと

「全部押して指を順に離していく」

だけなので脳としてもとてもイメージしやすいですよね。

 

イメージしやすい入力は手も記憶しやすいと思います。

 

また、全押しスタイルの良い点は

「確実に下方向を入力できる」

という点です。

 

なので立ガード時でも同じように入力する事ができます。

 

リズムで覚えやすい

 

これは私の感覚的なものになりますが、全押しスタイルはリズムで覚えやすいので精確な入力がしやすいのではないかと感じています。

 

全押しスタイルの良いところは指操作がシンプルなところ。

「全部押して指を順に離す」

これを擬音化します。

 

 

ダン!トゥルッ

 

です( ・ิω・ิ)。

 

 

ふざけてないですよ。

マジで言ってます。

 

 

動作的には

ダン!(全押し)

トゥ(薬指離す)

ル(中指離す)

ッ(波動拳が出る)

というような流れです。

 

これをリズムと共に記憶すると、指も連動してくれやすいように感じています。


 

もし、ヒットボックスでガード状態からの波動拳が安定的に出せない!という方は是非一度この「全押しスタイル」を試してみてください^^

 

最後まで目を通していただきありがとうございました_(._.)_