日記

ダイヤモンドリーグからウルトラゴールドリーグに落として真剣にランクマして感じた事。

ダイヤモンドリーグからウルトラゴールドリーグに落として真剣にランクマして感じた事。

 

 

「大した実力差は無い。」

 

本気でそう感じました。

 

単純にダイヤモンドリーグにいる人たちはストVをやっている時間が長いから、ウルトラゴールドリーグの人たちよりもキャラに対する知識が少し多いだけ。

 

知識があるその分だけ勝率が上がり、上のリーグにあがれているのかなと思いました。

 

本当にそんなに実力差無い。

 

 

ただ、少し差を感じたポイントがあるとすれば、戦い方に波が無く、安定しているのは上位のリーグの人たちだなーと思いました。

 

一回一回の勝ち負けにこだわり過ぎているのがウルトラゴールド~プラチナ帯の人たちなのかな?と思いました。

 

格ゲーの勝敗はかなり運も絡みます。なので、極論運が悪かったら負けるんですよ。

それでも、勝ち続ける人はいる。

 

それって、全部勝ってるわけじゃなくて100戦したら70戦勝ってるとか、トータルで勝ち越してるわけなんですよね。

 

上のリーグにあがるのが目的なら勝率なんて50%ちょいあれば上がれます。

全試合勝利する必要なんか無いんですよね。

 

私もまだまだ甘い戦い方してるので、日々精進していきたいと思います。

 

ノシ